宮崎 御池国立公園 韓国岳での経験

宮崎 御池国立公園 韓国岳での経験

10年くらい前だったと思うのですけど、よく夏になると宮崎御池国立公園近辺でのバックパックをしてました。

ザックに寝袋、食料等を詰めて宮崎御池国立公園のキャンピング場に車を止めて、そこを拠点として、ハイキングのごとくひたすら歩きました。

しかしその日に限って、台風が接近しどうするかのの判断を迫られたのですが、気圧配置や天候を考えると荒れる感じがなかったので、行くことにしました。

しかし次の日になるといっぺんし、風は強いは、雨は強くなるで、バンガローを借りることにしました。

その夜は、雷の音と雨音で全然寝れませんでした。

ラジオだけが、唯一の情報源でした。

自分の読みの甘さを思い知る時でした。

韓国岳にそこから向かう予定でしたがかなわず、御池付近の散策となってしまいました。

国立公園なので一応道が作ってあったのですが、御池付近の木々は夕べの雷でところどころまっ二つに裂けて倒れているのを目撃しました。

この日は、4時間かけてここまで来たのですが、改めて自分の甘さと自然の怖さを悟った日でした。