我が家のキャンプデビュー!親子の奮闘記

我が家のキャンプデビュー!親子の奮闘記

我が家は都内に住んでいるのですが、実家も都内にあり、いわゆる「田舎」がなく、自然に触れ合える機会があまりないのが、少し気がかりでした。

そんな中、子どもも生まれたことだし(しかも男児だし!)やっぱりなにか自然に触れ合える何かがしたい!ということになり、アウトドアに興味がでました。

アウトドアといっても一体なにをすれば・・・とインドアだった親は考え込みました。

サーフィン?スノボ?スキー?

どれも怪我に怯える少々晩婚な親です・・・。

キャンプだったら?テント張ってBBQして自然とふれあえて・・・。

なんだかできそうな気がしてきました。

当時息子が2歳の時、はじめてのキャンプへ行きました。

千葉の公園も隣接してあるキャンプ場でした。

さすがにすぐ道具は一式そろえる勇気がなかったので、ひとまずオールレンタルしました。

私も旦那も経験がなかったので、テントを組み立てるのにも一苦労。

泥だらけになりながら、泥だらけになってしまった説明書を何度も何度もよみなおしてなんとか協力してテントとタープを張ることができました。

「夫婦がいかに協力できるか」が試されている感じでしたね。

その間息子は目新しいキャンプ道具に興味津々。

だけど二歳児にとっては危険すぎるものもたくさん。

危険がないか察知しながらのテント張りと火おこし。

自然と触れ合う時間なんかとれなかったのが、初回の印象でした。

今ではすっかり慣れて、前倒し前倒しで全体のペースもつかめるように。

キャンプって段取りが結構重要なんだなと、最近特に思います。